これからアトピーの勉強会に行ってきます。

2014-09-23

これから名古屋でアトピーの勉強会に参加してきます。

アトピーはアレルギーではない!との説を述べられ、脱ステロイド、脱保湿を提唱されている大阪の皮膚科の佐藤健二先生、小児科の佐藤美津子先生ご夫妻のお話を聴けるので楽しみです。

IgEは関係ない!という話は目からうろこです。ぼくは現時点では、関係ないとは思っていませんが。やはりアトピーは複合的に色々な要因が絡んでいて、アレルギーの寄与する割合は高いのでは、と思っています。

それから、佐藤ご夫妻は、近年アトピーが大人になっても治らなくなっているのは、ステロイド治療が原因である、とおっしゃっています。

これには賛同しますが、ただ小さい子供さんで思いきって急にステロイドをやめると、一時的に相当悪化をしますので、ぼくはまだそれは気軽には勧められないですねf^_^;

でも、お母さんの心のケアや生活の指導、お母さんとお子さんへの漢方での心身のサポートなどを統合的に行うとなんとかなるのかもしれません。

そこは症例の豊富な佐藤ご夫妻のお話に素直に耳を傾けてみようと思います。

ご夫妻のご著書で、漢方についてはQ&Aで高い自費の煎じ薬のことだけを取り上げていて、「あまりお勧めできません」、と書かれているのはとても残念です。

肌の炎症を抑えたり、排膿を促したり、乾燥肌のかゆみを取ったりして皮膚に働きかけるものもあれば、体力の基礎となる脾を補ったり、体の内側の冷えをとって熱のバランスを調整したり、気持ちのイライラを改善したりとよりアトピーの原因に働きかけるものもあって、漢方はアトピー治療に大変有効です。

特に、脱ステロイドでの一時的な炎症と痒みの著しい悪化や不眠、イライラ、不安などには積極的に使う方がよいのではないかと思っています。

あと、保湿剤も漫然と使えば逆に慢性的に炎症を起こすことがあったり、肌の自然治癒力が下がる、という話も目からうろこです。

最近は皮膚科の中でも佐藤健二先生の脱保湿(脱軟)理論は広まっているようですね。

さ、楽しんできます!

© 2018 Iyashinomori Nishikawa Clinic.