2017年初頭 みなさまへのご挨拶

2017-01-04

2017年初頭 みなさまへのご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
本日1月4日より診療を開始しております。よろしくお願い致します。

旧年は特に改装のご不便をおかけしましたにも関わらず、当院をご愛顧頂きまして誠にありがとうございました。改装につきましては、「居るだけで癒される病院らしくない場所」をコンセプトとして、全体的にバリアフリーの古民家風に致しました。その中で、ふんだんにヒノキを使用し、善玉菌を練り込んだ生の漆喰を壁に塗り、床下に500kgの炭を植え、あるいはどこの蛇口をひねっても浄水が出るように元付けの浄活水器を取り付けるなど、様々な工夫を凝らしました。

また、クリニックの診療科目として、従来の内科小児科に加えて、運動療法やケア、自由診療が始まりました。一番奥の部屋では2年前に引き続き第1、3水曜日の昼にゆるヨガを開催していることに加えて、毎月1回マインドフルネス瞑想会(講師であるハコミセラピストの川口真由実先生はカウンセリングもされています)を開催、第2水曜日には乳がん患者様向けのフィットネスケアも開催しました。真ん中の部屋ではこれまでのリフレクソロジーに加えて、月1回月曜昼間のリンパドレナージュ&カウンセリングなども開催しております。

自由診療としましては、5月頃から徐々に還元型コエンザイムQ10やビタミンのミックス、認知症予防やがん予防などのサプリメントを扱い始めました。また、天然の抗がん剤と言われる高濃度ビタミンC点滴や、パーキンソン病に効果のあるグルタチオン点滴なども始めました。さらに、年末からは平日昼間を使い院長西河による病気をやめるカウンセリングも開始し、パニック発作が消えたり不眠症が軽減したり、うつが軽減したり、喜ばれております。

2017年は、酉年です。この年は院長西河にとって、クリニックにとって、フェニックスのように大きく飛翔する年になると思っております。さらなるカウンセリングの上達に向けて、2月から4月の間、隔週で土日に東京に赴きトランスフォーメーショナルコーチの梯谷幸司先生から学んで参ります(ご不便をおかけします)。これまでは変化を生み出せなかった患者さまにも、スルスルと、大きな変化を当たり前のように生み出していけると思います。

みなさまは、2017年は旧年通りに生きられますか?それとも、病気や苦しめている思いを手放し、明るく解放された青空のような自分を思い出して生きますか?2017年は、大きく変化するチャンスです。年齢は関係ありません。ぜひ一緒に、楽しんでまいりましょう。

本年もよろしくお願い申し上げます。

癒しの杜にしかわクリニック 院長 西河 潤

© 2017 Iyashinomori Nishikawa Clinic.