プラズマ療法。

2016-03-03

今日はプラズマ療法のお話を聴いて参りました。
お知り合いの方々がたくさん参加されてびっくり!

お話はというと、なかなか興味深い内容でした。

開発者の田丸滋先生からは、プラズマの話、細胞膜の話、ミトコンドリアの話など基本的なお話をうかがいました。
内容だけでは東京MITクリニックの宇野克明先生の本や免疫学者の安保徹先生のお話に含まれてしまう話だったので、還元電子療法や電子付加治療との違いを質問させて頂きました。

生体の周波数に合うようにして送る、ということと、ポジトロン(陽電子)はアースして、電子だけを送るようにしているところが違いだとのこと。

これだけではまだ還元電子療法などの他の電子の治療器との違いがわからないので、あとは体感や結果次第、といったところです。

外科医の黒川胤臣先生からは、臨床での症例報告をうかがいました。
治った方もいるし、治らなかった方もいるし、という非常に素直な?報告で、よく伝わってきました。
うまく組み合わせれば、結構有効ではないか、という印象でした。

会の後は、三浦先生やしばたまちゃん、にゃんちゃん、どどちゃん達と小籠包を頂きました。

そっちもかなり面白くて、有用な情報も頂けました^^

プラズマ療法は、自費診療導入にあたっての候補の一つですね。
次は体験してみたいと思います。

プラズマ療法

© 2018 Iyashinomori Nishikawa Clinic.