【なぜ心が良くなっても現実が変わらないのか?】

2020-09-06

私の周りで、『心がとてもいい状態になっているのに、病状が変化しない。』、という方が複数おられることに気づきました。

その方々の中で一体何が起こっているのか、また、どうすれば現実を変化させていけるのかを解説します。

まず、あなたの現実世界というのはどういう風に作られているかというと、次の3ステップで説明できます。

①あなたの意識の青写真が映写機にセットされます。
②それが現実というスクリーンに投影されます。
③現実というスクリーンの中であなたがどう考え、どう行動しているかが、また青写真となり映写機にセットされます。

046EF9EF-98D2-419D-8798-47DBA31637D5

このように、意識→現実→意識→現実という風に、まるでメビウスの輪のように周り巡っているんですね。

ここで、青写真となっている「ネガティブな観念に気づいて、解放したぞー!」ってやっても、現実レベルのところで意図的に行動に落とし込んでいなければ、あなたの潜在意識は「あれ、行動していないぞ。この人やる気ないし、本気じゃないよね。」って思うわけです。そしてそれが青写真となって映写機セットされます。だから、現実レベルが変化しないのです。

ではどうすればいいかというと、生まれ変わった新しい自分を生き始めたらいいのです。新しい自分が考えるように考え、行動し、環境を整えていくよう選択していけばいいのです。

そのためには、前提として、過去から来ているネガティブな観念、言いかえれば古い役に立たない観念に気づいて、解放する必要があります。それを行っていけば、だんだんと未来のビジョンを感じ始めます。大体の方は時間とは過去から未来に向かって流れていると思っています。その起点となっている過去の記憶を癒してあげることが大事です。

そして、この時間というのは実は未来から過去に向かっても流れているんです。その未来の起点が、明確で輝いているビジョンなのか、問題いっぱいでうまくいっていない雛型(アーキタイプ)なのかで、また現実が大きく違ってきます。

未来のイメージがあまりよくない場合は、次のように変化をさせていきます。
① 未来にまつわるネガティブな感覚・感情・観念を癒すこと。
② あまりよくない未来がもし現実になってしまった場合に、どうポジテイブな捉え方をできるか、をあらかじめ考えておくこと。そして、よりポジティブな変化を生み出せるような対処の仕方を考えておくこと。
③ そうして、未来に困ったことがあってもいい現実を作りだせているという自信と確信度合いを60点以上に高めておくこと。

こういうことをきちんとやると、未来のよくない元型となっているイメージの悪影響が弱まり、オセロの黒が白に変わり、今のあなたを弱めるのではなく元気づけてくれるようになります。

ほら、過去の黒いオセロを白にして、未来の黒いオセロを白にしたら、その両者に挟まった今の黒いオセロが何色に変わるか、分かりますよね??

未来の話に戻りますが、未来といっても、1つではありません。まるで無数の星々が宇宙空間に存在しているように、無数のパターンが同時並行に存在しているのです。いわゆるパラレルワールドというやつですね。そして、それらの中で確定しているものは何一つありません。

その中であなたがありありと感じられるものが、より強い影響をあなたに及ぼします。

ここが「問題回避」の罠なのです。未来に悪いイメージを描いて、問題を避けようと行動しているとき、つながっている未来は悪いイメージの未来なのですよね。スピリチュアルな世界でよく言われるように、「恐れからではなく、愛から選択しなさい。」ということの大切さが、ここでも言えます。

あなたのその行動は<恐れからなのか、愛なのか?>、<未来の何か困った状況を描いて避けようとしているのか、それとも未来のいいイメージにつながって向かっていくものなのか?>・・・この動機を内側で振り返ってください。これが、結果を大きく左右していきます。

未来のよくないイメージは癒してあげて、その上で、未来のいいイメージを膨らませ、確信度合いを高めましょうね。

その上で重要なことは、その未来のいいイメージにつながって、今日一日、今ここを過ごしていくことです。

この現実世界で未来をつぐむ中心点は、「今ここ」です。今ここの考え、発する言葉、行動、その一瞬一瞬が、未来を作っています。

あなたが病気や困った状況を経験しているとすれば、無意識に、ネガティブ観念を採用し、過去のうまくいかなかった「と思っている」記憶からの延長で生き、うまくいかない未来を避けようとして動いているからです。また、その自分で作った檻から抜け出ていないからです。

いつまでその檻の中に居続けますか?

いつまで檻の中の引きこもり生活を続けていますか?

まず、檻の中に無意識に入っていたのだと気づいてください。

そして、これまで書いてきたようにして現実が作られていると、気づいてください。

もしあなたが檻の中に居ると感じているなら、檻の中にいるという思い込みを作りだし、作り出したことすら忘れるという面白い冒険を魂が選んだことを、思い出してください。

もしあなたが檻の中に居ると感じているなら、檻の中に居ることを選べるだけのパワーがあなたにあることに気づいてください。そして、イメージの中で檻の中から意図的に出てください。、不自由さを作り出す

あなたの意識と、日々(無意識であれ意識的であれ)選択して行動していることには、あなたの現実を作る力があることに気づいてください。

そして、現実を鏡としてあなたの意識にある青写真をチェックして、ネガティブな観念を手放し、うまくいかない未来の「記憶」を癒し、過去のうまくいかなかった記憶を癒し、そして未来にある光を見てください。

光溢れる未来につながり、そのエネルギーを今ここで受け取ってください。五感で感じてください。その未来のあなたがどう考え、どう行動し、どういう環境に居るかを感じてください。

そして、それを、今ここで、選んでいってください。考え、行動を、一つひとつ、選んでいってください。

未来に条件が揃わないとできない、動けないというのは幻想です。観念の罠です。

例えば、走るほど元気がないのなら歩きましょう。立ち上がる元気がないのであれば、寝たまま足首を回しましょう。足が麻痺して動かないのであれば、手や腕を動かしましょう。手足が動かないのでしたら、口角を上げたり、よく噛んで食べたりしましょう。口が動かないのでしたら、呼吸を通じてネガティブ感情を解放し、内臓をほぐし、リンパの流れを整えましょう。

今のあなたの選択が、未来を形作っていきます。

あなたが現実の中にいるのではなく、あなたの意識と選択が現実に投影されているのです。

その仕組みに気づいて、意図的にあなたの好ましい方向に使うかどうかなのです。

パワーの中心は、あなたなのです。

あなたはあなたの宇宙の中心なのです。

バシャールがワクワクの法則として伝えているように、ネガティブな観念に気づいて解放し、ワクワクや情熱に基づいて行動すると、現実レベルが変化していくのです。

上記でお話したことを、がっつり2日間かけて学んで頂き、セルフワークで行う方法を身につけて頂くのが、私の【意味に満ちた世界】のワークショップです。

672DE731-06AF-4215-B719-FA35C5706EC4

また、上記のプロセスを体験したい方は、50分1万円の私の【ヒーリング・セッション】でお受け頂けます。

また、タムウェーバーという量子的波動調整装置は、フォトン(光量子)を用いて心と身体をつなぐ装置です。私の【タイムウェーバー・セッション】では、タイムウェーバー を用いつつ、これまでここで述べたようなヒーリング・コーチングを言葉とエネルギーを用いて行い、そしてその後その調整を1ヶ月かけて遠隔で転写する、という強力なものです。1セッション90分3万5千円しますが、1ヶ月に1回、3-6ヶ月ほど定期的にお受け頂くことで、現実レベルの変容を強力にサポートします。

また、9月21日にはクリニック併設のカフェで開催される「がん治っちゃったよ、全員集合」に、杉浦貴之さんや三浦直樹先生と共に出演します。リアル参加15名、オンライン参加もありです。やはり、録画ではなく直接に同じ時空間を共にすることには、特別な縁があります。ぜひ、同じ時空間を共有し、エネルギーと言霊を受け取って来てください。

大丈夫、あなたはすでに自由です。

大丈夫、あなたには現実を創造するパワーがすでにあります。

大丈夫、あなたはより好ましい未来を選んで行けます。

© 2020 Iyashinomori Nishikawa Clinic.